日頃から防災意識を高めよう|地震の予想データも確認することが大切

研究データと予兆現象

住宅

情報収集の重要性

地震の予想には、過去の地震の発生頻度や地殻変動など、科学的な根拠に基づくものと、明確な根拠はないものの、過去に起きた大地震前の予兆現象と捉えられるような内容と同様の事象が発生した、といったさまざまな情報が使用される。前者は各研究機関や大学などがデータの収集及び解析を行い、地震が起こりやすい地域を予想するために活用されている。地震予測地図などとして、地域ごとに大地震が起こる確率などを地図上に表記し、注意を促している。後者は科学的な立証は成されていない内容が多いものの、地震の前兆現象として発生している多くの事実が存在するため、近いうちに発生するのではないか、と感覚的に予想するための情報としては非常に有用と考えられる。現在、国家レベルでの種々研究において、データの収集、解析を行っているものの、地震の予測を完全に実施するのは非常に困難となる。上述した危険を促すための地図を活用して自分の住む地域の危険性を把握した上で、日常的に防災に対する意識を持ち、発生時の対策、準備を行っておくようにしよう。このような心構えの上で日常の変化にも留意し、過去に前兆現象ではないかと考えられた現象が、身の回りで発生していないかを把握しておく必要がある。現在はSNSなどでさまざまな情報が飛び交っている。時には前兆現象ではないか、と考えられる情報がアップされていないか確認し、来るべき地震の予想に役立てることも必要となる。予想をしておくだけで、日々の生活に対する意識も大きく変わってくるものである。また、SNS以外でもインターネットからは、予測される地震についての情報や地震による最新情報などを確認することができるサイトもいくつかある。そして、サイトによっては万が一に備えて準備しなければならないものや必要な道具なども確認することができるため、必要なものが分からない場合は確認してみるとよいだろう。ネットなどによる情報を上手く活用して、地震から身を守るようにしよう。

地震

分かりやすい地震の前兆

地震はいつ起こるか予測できないので、常日頃からしっかりと対策をしておくといいです。また、普段とは違うところから、地震を予測することもできるので、それを知っておくといいです。

背広の人

地震の被害と対策

関東地震はいつ起こるか予測できません。災害が起きた時に準備するものや対策を考え、最小限の被害と、最大の安全を考えていきましょう。また、あらゆるシチュエーションの対策も大切です。