日頃から防災意識を高めよう|地震の予想データも確認することが大切

地震の被害と対策

背広の人

最近日本各地で大規模な地震が続いているが、関東地震もいつどこでどれくらいの規模かわかりません。地震情報はニュースや新聞で予測はされていますが、あくまで予測です。急な地震や災害には何も対策や準備をしていないとパニックに陥り、避難後の生活に苦労することになります。ですので、関東地震が起きた時の対策や準備をするべきです。地震対策として、部屋にある大きな家具など倒れないように固定しましょう。次に準備しておきたいのが、サバイバルグッズなどです。関東地震が起きるとライフラインがストップしますので、しばらくは自力でまかなわないです。その為、電気やガスを使用としないものを予測しサバイバルグッズが最適なのです。道具の中には連絡ツールである携帯電話を発電できる道具も常備するべきです。また自宅だけでなく、自家用車の中に常備するのも大切でヘルメットや靴、薬や水分など、各地域のマップもあると良いです。災害後必要なでも重量や大きさを考えると優先順位が変わってきますので、シュミレーションし見直しましょう。通勤先でも、地震の備えが大切で帰宅困難になると食料の確保が難しくなります。女性ならばスニーカーなど動きやすい靴を準備します。地震のシチュエーション対策も必要です。。例えば、エレベーターに閉じ込められた時、地下鉄の中などです。このような閉鎖的状況では準備が困難なので、待機の間どうなるか予測し事前に調べることが安全に繋がりますので、関東地震や災害に備えましょう。