日頃から防災意識を高めよう|地震の予想データも確認することが大切

分かりやすい地震の前兆

地震

地震はいつ起こるか予測できない災害です。地球の地表を覆っているプレートがあって、ゆっくりと移動しています。移動しているときに、ほかのプレートにぶつかるなどの衝撃が地震の原因だと言われています。しかし、地震起こると予測する現象がいくつかあります。まず、よく電化製品が壊れることです。これはプレートに異変があったときに発生した電磁波の影響されたことが原因で、時計の針が狂うこともあります。つぎに、動物が騒いだり暴れたりします。また、群れで行動することもあげられます。動物は人間よりも危険を予測する能力に長けています。そのため、いつもと違う動物達の姿を目撃したら注意しましょう。また、急に深海魚や大型の海中生物が打ち上げられることや、魚が大量に死んでしまうことも地震の前によくおこる現象です。つぎが、地震は急激な気圧の変化が引き金に起こることもあります。そこから地震を予測することもできます。また、近くで地震が起きたときは、それが原因で地震が起こることもあります。これらのことで不安に思ったときは、自分の家の防災対策をみなしてみましょう。家具を壁や天井に固定するだけでも避難しやすいです。また、貴重品はすぐに持ち出せるようにすると、避難した後に盗難の被害にあいませんし、復興中の生活の不安も少し軽くなるでしょう。いつ地震が起こっても慌てないように、シミュレーションしておくことも大切です。また、最近はこれまで記録し続けているデータから地震を予測するサイトもあるので、そういったものを活用するといいです。